読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代後半にWebエンジニア未経験で転職して1年が経つので振り返る

はじめまして、エンジニアのあらきです。

先月の10月1日で、晴れてi-plugに入社して1年が経ちましたので、ブログのスタートと合わせて、未経験Webエンジニアとして入社する少し前+入社1年を振り返りたいと思います。

前職

前職は某インテリアECサイト&店舗運営の会社でカスタマーサポートの業務を行なっていましたが、その傍ら、大学の講義で習ったExcelVBAを使って必要書類etcの作成をしてました。

入社半年前

そんな中、沸々と湧き上がるエンジニアへの想い。

実は私、新卒で受託開発企業の営業かーらーのーエンジニアとして入社したのですが、いわゆる黒い系企業でして。心身ともに崩してしまい、3ヶ月という短さで新卒チケットを棒に振る形となりました。

にも関わらず、コードを書いたり仕様を考えたりしていると時間がどんどん過ぎていく = 楽しい

もう20代後半、色々考えたが最後のチャンスだと諦めきれず、転職を決意。

なら以前から興味があったWebだろ!ってことで初学者お馴染みドットインストールや、サービス開始直後だったprogate等で、HTML/CSS/JSjQuery/PHPVagrantでの環境構築を勉強して見よう見まねの在庫管理システムを組みました。

転職活動

『新卒3ヶ月で退職』『20代後半』『実務未経験』の3本柱のおかげで、書類選考の通過しにくいこと。書類選考に通過したとしても、当たり前のように面接では落とされてしまう始末。嫌になる(´ー`)
それでも、システムは少しずつブラッシュアップ!

そんな中、Wantedlyにて『未経験OK』で募集をしていたところを見逃さず、すかさず連絡&応募!これがi-plugとの縁の始まりです。
(入社後に聞いた話なのですが、未経験での募集はその1回きりだったそうです)

i-plug面接

面接当日。仕事の帰り、i-plugへ向かう電車の中。面接で見せるために用意していた在庫管理の確認をしようとMacBookAirを起動して、Vagrantを起動...

しない。Vagrantが起動しない。なんか赤い文字が。

$ vagrant reload → 起動しない
$ vagrant halt$ vagrant up → 起動しない
血の気が引く。

そうこうしてるうちに最寄駅に到着してしまった。面接30分前に駅に着いたのですが、駅のベンチに駆け寄ってiPhoneで調べながらのVagrantと格闘(ポケットWifiなかった)

残り20分...残り15分...残り10分
「あぁ、終わった...直らない...」

為す術もなく、そのままi-plugの事務所に向かい現CTOとご対面。色々お互いに話をしていく中、現CTOの「何か見せてもらえるものがあれば!」

冷や汗をかきながらコンソール画面を開き一言
Vagrantが起動しないんです」

そして混乱していたか、いったい何を血迷ったか
「コレ、どうすれば直りますか?」

i-plugへ入社

面接後、「じゃあソースコードを送ってください」という神の言葉があり、帰宅後にコードを送信。こんなありえない面接でして、一体、現CTOのどこに刺さったのか不明ですが、面接は無事通過。 その後の役員面接でも色々話をさせていただいてi-plugへの入社が決定しました。

ちなみに、1回目の面接の時にFuelを使っていると聞いていたので、面接の帰りに紀伊国屋書店にて『はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP』を購入。
その名の通り、自身はじめてのフレームワークで後日、在庫管理をFuelで書き換えてみる。

入社初日

支給されたMacに開発環境を整えました。まずはiTerm2をインストールして立ち上げます。

Araking:~ araki $
(...アラキング...イジメだろうか)

引き続きVirtualBoxVagrantをインストールして、準備されていたBoxをVagrantfileに設定して起動!当り前ですが自分のVagrantと違い、何事もなく起動。
その後、会社のこと/事業のこと/開発のことなど色々と研修を受け、i-plugでの生活がスタート。

入社1ヶ月

簡単な改修などで、少し仕事にも慣れてきたかと思ってた矢先、入社して最初の関門にぶち当たる。Chef。

ん〜、難しい。
crontab追記とかならまだしも、レシピを書くとかnodesだのdata_bagsだのわけわからんかったさ。 しかも調べたらsoloじゃなくてzeroとかもあるし。
Linuxやらサーバーやら、上辺もわかってないから、会社で軽く教えてもらったとはいえ、家で写経して続きを勉強する他なかったです。

入社1ヶ月半

OfferBoxのログイン処理の改修を担当することに。
バックエンド9:フロントエンド1だったことで約2ヶ月、ほぼ私1人での作業を行なってました。 集中できるという点ではとてもよかったのですがそうは言っても、やっぱりなんか寂しい(ノД`)シクシク

その後のデザイナーさんフロントさんとの仕事は誰よりも楽しんでいたのではと自負しております。

入社3ヶ月

外の話ですが、自分が所属のバンドの管理ページを任せてもらえることに。3ヶ月の知恵を振り絞る。拙いながら完成し、ちょくちょく機能追加しながら現在も運用中です。

入社5ヶ月

少し前にリリースされたサービスに新たに機能を追加することになり、後ろを私がアサインされる。スタート前にコードを見ようと思ったのですが

「ふぁ〜なんやこれ、知らん書き方がいっぱいや」

コントローラーやら モデルやら コアやら 何やら行ったり来たり。この頃はメチャ大変だったけど、今改めて見ると、すごく整理されててわかりやすい。『他人のコードを読むことが勉強になる』が初めて実感できた瞬間でした。ほんと、Githubは宝物庫。

入社7ヶ月

今後を見据えてバックエンド開発基盤改修が入る。私自身は経験も浅いため噛んでなかったのですが、改修されたものを色々見て回って感嘆しました。

制作会社や開発会社での経験皆無の私にとって、これが開発会社というものか、と思い知りました。私の周りの人達、みんな本当にゴイスーすぎるわ。

早速、家に帰ってバンドの管理ページに搭載する。

入社1年 ←今ここ

もっと色々手を出していかないとーと思ってます。でないと、私の周りのゴイスーな人たちの話しにまともについていけないので。

別のFW、別の言語、インフラ、データベースサーバー、フロントエンド、ディレクション ...

今あるバンドの管理ページを別に書き換えたり公開せずとも、サービスのコピーを作ったり。いや、もちろん自前のサービス作りたいけど。

あとがき

入社前の話で半分使ってる(汗)
エンジニアブログとか言いながら、今自分が書けるネタがこの振り返りしかなかったという... みんなぽんぽんネタがでてくるようなので、自分もそうなれるように色々と勉強していきます(´ー`)